クラブ奉仕

21-22 委員長 長田 浩義

四代奉仕の第一部門である「クラブ奉仕」について、ロータリークラブ定款では「クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員がとるべき行動に関わるものである」と記述されている。企業組織に例えると、職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕が最前線の営業部門に当たるなら、クラブ奉仕はそれを支え運営する為の管理部門に相当すると言える。

クラブを構成する会員増強を基盤にして、内部の親睦融和を図り、例会内容や雑誌会報の充実と出席の奨励、情報研修及び外部への広報など、それぞれの役割を担う委員会がクラブの地盤を強固に支えることによって、一クラブとして、また一会員としてのレベルアップを目指したい。

◇国際ロータリーテーマ シェカール・メータ RI会長
「奉仕しよう、みんなの人生を豊にするために」

◇第2700地区メッセージ 貫  正義 ガバナー
「取り組もう 基盤強化と超我の奉仕」

◇壱岐RCメッセージ 赤木  稔 会長
「基本を学ぼう・奉仕を実践しよう」