ブログ

創立50周年記念行事を無事終えることが出来ました。感謝!!

松永会長挨拶を掲載します。

本日、壱岐ロータリークラブ創立50周年記念式典を開催致しましたところ、国際ロータリー第2700地区ガバナー富田英壽様をはじめご来賓の方々、多くのロータリアンの皆様のご臨席を賜り心より感謝と御礼を申し上げます。

壱岐ロータリークラブは、1967年(昭和42年)7月14日、唐津ロータリークラブ様をスポンサークラブとして、創立時会員29名で国内認証817番目のクラブとして発足致しました。以来50年間、当クラブを支えてこられた多くの先輩ロータリアンの皆様の地道な奉仕活動の継続と、前身の370地区並びに現在の2700地区のロータリアンの皆様の温かいご支援ご協力によりまして今日のクラブへと成長をさせて頂きました。「これまで」の当クラブが積上げてきた実績は大変素晴らしいものであることはいうまでもありませんが、それよりも大切なことは「これから」であって「これまで」ではありません。「これから」の当クラブ会員の奉仕活動が「これまで」の評価を左右することになりますし、「これから」を創るのは正に今この瞬間の積み重ねででしかありません。

創立50周年記念事業のテーマとして「これまでの50年、これからの50年 未来を創る青少年に夢と希望を与えよう」を掲げさせて頂きました。記念講演と致しましてリオデジャネイロパラリンピック視覚障がいマラソンの部銀メダリスト道下美里様の貴重なご講演を、また記念公演と致しまして福岡大学付属若葉高校ダンス部様の素晴らしい演舞をお願い致しました。記念事業と致しましては、長崎県立壱岐高等学校様のご理解ご協力の下、壱岐ロータリークラブにとっての長年の夢でありましたインターアクトクラブの提唱創設をはじめ5つの記念事業を行わせて頂きました。これからの50年に向けて会員一同力を合わせ新たな一歩を踏み出す所存でございますので、どうぞ今後とも皆様のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

最後になりましたが、ご臨席を賜りました皆様のご健勝ご多幸と各ロータリークラブ様の益々のご発展ご繁栄を御祈念申し上げましてご挨拶とさせて頂きます。本日は誠にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る